修羅の門・刻について語り尽くそう! 3497

修羅の門・刻好きさん、集まって色々と語り尽くしましょうー♪
ですが、お願いごとが幾つかあります。

1.人の意見を否定しない。
2.人を攻撃しない。
3.宣伝活動等をしない。
4.九舞病な管理人及びブログでの掲示板なので独断と偏見により
申し訳ありませんが「舞子イラネ」の意見は受け付けられません。
どうかご容赦下さいませ。

上記の事柄が守れない方は管理人より退出勧告させて頂きます。
またこの掲示板が荒れるような事がありましたら残念ながらすぐに削除させて頂きます。
みんなで楽しく語れる場にしたいのでよろしくお願い致します。
なお幾つか先にタイトルをつけて親記事を作ってますが、自由に親記事を作ってもらってそれぞれの記事の中でどんどこ書いて行って下さい♪そこは全然自由にー!


SS裏話

1:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/21 (Wed) 07:12:30

ちょっとここでは私の書いているSSについての裏話などなどを書いて行こうかな?と思います(^_^;)
え・・・?それ、掲示板??はい、多分、掲示板のはずです(笑)ほぼTwitter代わりじゃないかと言われても(笑)
皆さんはもし私のSSについて何かあればここに書いてもらって大丈夫です♪
2:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/21 (Wed) 07:31:37

今回の「刻をかける修羅の花嫁 天は高く圓となりて」を書くに当たって「真田幸村」を調べてビックリしたこと・・・。多分皆さんは知ってると思いますが、あまり物事を知らない人間でして(^_^;)諸説あるようなので一概には言えませんが、「幸村」って後世に付けられた名でご本人は「幸村」のつもりがなかったらしいんです。なので、幸村さんが書いたものに「幸村」と自分で署名したものは現存せず・・・。ちなみに後世に幸村さんの事を書こうとした時に同じ「信繁」という方が旧本家側にいたから「幸村」にしたのでは?とか、なんとか・・・。でも結局本名の「信繁」よりも遙かに有名になってしまった「幸村」。ちなみにじゃあSS内では「信繁」の方が正しいのでは?と一瞬思いましたが、原作が「幸村」って言い切ってるんだものー!私は悪くないっ!という結論に達しました(笑) 
3:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/21 (Wed) 08:09:31

あ、あと真田十勇士も、モデルは多少いたけれど全員にいたわけじゃないとか!!どうなってるの?真田家??(笑)
てっきり黒田官兵衛さんとこみたいにちゃんといた人々なんだと思ってましたよ(^_^;)
いわゆる軍記物として書かれたものに出てくるというだけなんだそうで(^_^;)マジっすか!?
そしてそして・・・分かってなかったんですが、おそらく圓ちゃんを育てた「佐助」はその中の一人、「猿飛佐助」から来てるんですね、さっき知った(おい)うーん、いいのか、こんなんで書いてていいのか?私!!とツッコミながらもまあそんなクオリティを求めている人は端から私のSS等読んでいない!という開き直りで頑張ります(笑)
4:Qちゃん :

2017/06/23 (Fri) 19:23:34

あーーわかりますう。
私は全然この時代詳しくない上にキチンと調べたりもしたことなかったんですが、数年前に長野に旅行に行った時に真田家の資料館みたいなところがあって入ってみたんですが、さまざまな資料に「信繁」ってのが基本に書いてあり、カッコで幸村て付記してあったり。へえ~ってなりました。

昔の人はたくさん名前があって大変ですね^^
5:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/24 (Sat) 17:17:24

ほんとにね、昔の人って幼名もあるし、本当の名前もあるし、通名とか、あだ名とか・・・名前多すぎですね(^_^;)
おおー、そんなちゃんとした所に行かれたんですね!私も行ってればもう少しちゃんとしたものが・・・いや、多分一緒ですね(笑)
6:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/24 (Sat) 17:21:27

梅雨を題材にSSをと思ってたんですが、全然降りませんね、今年の梅雨は・・・(^_^;)
まあ、いいんですけど(笑)
というわけで近日中に九舞のSSS(短いヤツです)がUPされるかも??そしてそんなに楽しみにしてもらうほどの内容ではないです(笑)
ではっ♪
7:ショコラ :

2017/06/24 (Sat) 20:59:52

私も、真田丸見て知りました…信繁…(-_-;)
あと、真田丸の録画が溜まってて、まだ最後まで見てません…(゜ロ゜)
あと何話あるんだろ…(-_-;)

時代物をお話にするって、大変ですね…。
現代物書くより、エネルギー使いそうですね…。
でも…楽しみにしてます♪

そして、やっほ~い( ☆∀☆)
つくまい!?つくまい!?
梅雨のお話!?
わーいわーい\(^o^)/

8:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/25 (Sun) 10:20:31

真田丸ちゃんと見てたんですねー!エライなぁ!!
録画頑張って見て下さいねー♪そして私に色々教えて!!

時代物で何が苦労するって横文字使えない・・・。
そして横文字でなくてもそういう言い回しがあったのかどうかとか・・・。
「こっちの台詞だ。」の台詞って当時既にあったのかどうか、とか思わず調べたりしました(^_^;)

一応江戸時代初期くらいにはあったらしいとの事でまあセーフみたい・・・とか(笑)
そんなクオリティなど必要ないと思いながらも、一応・・・ね(笑)

9:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/25 (Sun) 10:25:04

梅雨のお話のSSSをUPしました♪
良かったらぜひにどうぞー!
あ、あとこの掲示板のホームを押すと私のブログへ飛ぶのですよ( =①ω①=)フフフ
さあー、ぜひにー、どうぞー!!
10:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 08:06:55

梅雨のお話、意外と好感触で嬉しいです♪
そしてちょっと今SSのアイデアなどを溜め込んだフォルダの整理をしています(^_^;)
すると既にUPしたSSのボツにした文章とかもチラホラありまして(笑)またその内こちらの掲示板で「実はこんなんだったんだよーん」という感じでUPしてみたいなぁと思います♪
梅雨のお話の第2弾は今週中にはUPできると思います!だいたい書けてるので(^^ゞ
11:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 16:55:02

んーっと、あまりにも酷いという事でボツったネタなので期待はしないで下さいね♪
一応「待ってる」の「過ちと知っていた夜」の第1話部分と同じ部分です。
基本、いつもセリフだけ書いて肉付けしていく方式で書く人間なので、ほとんどセリフのみ。
そして当然仕上げる気なんかカケラもないので(^_^;)
まあ、もし良かったらどれだけ酷いものだったのか読んでみて下さいな♪
12:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 16:59:09

「じゃあ、遊びでいい。」
「は?」
「遊びでいいから、抱いて」

「なっ!!!」

「いい加減にしろ。俺はそんな事を言う女は大っ嫌いだ!」
「嫌いでもいいもん!」
「出て行け!今すぐ!お前の顔なんか見たくない!」
「・・・・っっ!!!」

「ボーイ、どうしたの?」

「ケンカしたの?」
「マイコさん、だいじょうぶ?」

「テディさん、そいつ連れて行ってください。」

「ワカッタね。」

**

「マイコさん、どうしたの?」
舞子は事の顛末を話して聞かせた。
テディ・ビンセントは大きくため息をつくと、困ったように笑った。
「マイコさん、そりゃボーイは怒ります。」

「え?」

「マイコさんはボーイにとって、本当に本当に大切な人です。」
「そんな事・・・。」
「見ていればわかります。」
「最後の最後、ボーイはマイコさんの声に反応していたようにボクには見えました。」
「そんな大切な人が遊びでいいからなんて。。。ボーイにはショックよ。」

「でも、いつ帰ってくるかわからない。ひょっとしたらこのまま。。。」
「私は信じてます。信じてる。だけど。。。」
「ボーイとの思い出が欲しいんですね。」
コクンと舞子は頷いた。

「さ・・・てと」
「ちょっとボーイの様子を見てきます。」
「マッイイツォ、ここをお願いね。」

**

「どうしてマイコさんを受け入れてあげないの?」
「テディさん・・・。」

「俺の立場でほんとうにそう思う?」
「俺が初めての男になって、あいつが本当に幸せになれると思う?」
「俺は怖い。舞子を縛りつけるのも。縛られるのも。」

「ボーイ、マイコさんは、ボーイを」
「分かってる。舞子は俺を縛りつけようとはしない。」
「俺が勝手に縛られたくなる。」

「ボーイ・・・」
「一度抱いたらきっと・・・」
「旅立てなくなる??」
「イヤ、そこまではさすがにないと思う。」
「けど。」
「けど?」

「俺は常に相手にも最高の力を出してほしい。それを倒してこそ、本当の勝利だ。実力を出し切る前に倒したんじゃ、陸奥圓明流が本当にそれより強いという証明にもならない気がするしね。」
「でも、その分余計に怖い。それを楽しんでいるのも事実だけど、やっぱり俺だって怖いんだよ。テディさん。」

「それが、舞子を抱いたら余計なものが頭に入ってきそうだ。」
「余計な?」
「死んだら二度と舞子を抱けない。」
「会えない。」
「今でさえ、結構ギリギリなんだ。これ以上、関係を深めたら、お互い苦しいだけで、何もいい事はないよ。」
「それでチュウトハンパにして逃げるの?ボーイは。」

「にげ・・・っ」
「逃げてるんじゃない?マイコさんにチュウトハンパに気持ちを見せて、なのに最後はダメだとつっぱねるなんて。」

「・・・・」
「ボーイにはボーイの人生があるね。私はその生き方を否定はしないけど、マイコさんについてだけは、ボーイは間違ってるね。」
「きっと、マイコさんはボーイが受け入れなくても。一生待ってシマウね。」
「そんな事・・・」

「本当にないって思ってる?」
「あと、本当はそうなってほしいと思ってない?」

幸せになってほしい。
その気持ちにウソはない。
でも、他の男の元へ嫁ぐこと。
本当にそれを心から望んでいるかと聞かれれば。

「・・・・・!!」

「全部を受け入れなくてもいいと思うケド。全部否定するのは間違ってるね。ボーイ。」

「今くらいがちょうどいいんだ。」
「これ以上はダメなんだ。」
「ダメになりたくない。」
「舞子のせいにして逃げるなんて事になったら、俺は・・・」

「ホントに舞子さんがスキなんですね。ボーイは。」
「・・・・」
「もう一度二人でどうするべきなのか、話合うのがイチバンね。」
「テディさん。」

***

「九十九・・・」
「さっきはごめんなさい。」
「いや、俺も。言い過ぎた。」
真っ赤な目をした舞子を見ると胸が痛くなる。
「舞子。」
「俺も抱きたいとは思ってる。」
「でも、本当にいいのか?」

***

「俺が産まれたのは、どこかの男に俺のおふくろを抱かせて俺を授かったらしい。兄さんもそうだった。」
「どうも。そういう事にいいイメージがないのも原因なのかもな。」
(そのくせ、欲望だけは次々と浮かんでくるってか)
13:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 17:06:27

何がなんだか・・・ですね(笑)
しかも最初のセリフが凄まじい(笑)
よく書いたな、私(^_^;)
でも、最初の「遊び」は置いておくとして、その後の展開は嫌いじゃなかったんですよ、実は(笑)
ただやっぱり最初のがあまりにも・・・ね(^_^;)
あかんやろー、とここまで書いてからそう思うこの遅さ(笑)

そしてこの飛びっぷり(^_^;)セリフのみで進めるからこんな事になるんですよね(^^ゞ結果としては今ブログでUPした方がもう少しまともだとは思います(笑)
まあ大差ないっちゃないんですが。
14:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 17:13:02

まあこんな紆余曲折をしながら書いているんですよーというだけの事でした(笑)
でも正直ここまで全然違う展開だったSSは珍しい・・・かな?(^_^;)

というか初期の作品であればあるほどあまり原作を大事にしてないというか、無茶苦茶な展開が多いような気がする(^_^;)
でもその分縛られずに書けてたんだなぁ、とフォルダ整理で出てくる作品を見ては頷いてます。

ネタそのものはまだ結構あったりはするんですが、崩壊度の高さがねぇ。最初に考えただけあってほんとに凄まじい・・・。

いつかそれに耐えられる私になったら(笑)頑張ろうと思いますー♪
15:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 17:17:20

あ、しまった最後のは削除するつもりが・・・。まあいいか。あれもまあまだ九十九の父親がだれなのか判明してない頃だったので(^_^;)
だって、じいちゃんそれらしい事言ってませんでした??
頼んで婿になってもらったって・・・。
多感な年頃の少年にはそれって逆に微妙じゃね?という思い込みから一気に書いた記憶があります(笑)

ちゃんと自分自身に欲望はあるけど、母や母性に対する幻想があるというか・・・。
おい、陸奥にそんなもんあるかぁぁーと今の私なら思うんですけど、まあ、まあ、SSとしてUPしたわけじゃないのでお許しをー♪
16:Qちゃん :

2017/06/26 (Mon) 19:12:47

か、過激!!(#^.^#)
舞子、グイグイ行きますね!いいぞ、、もっとやれw

…てのは、置いといて、大事なものを手に入れると、怖くなるってのは分かる気がしますね…。
手が届かないなら、焦がれるだけで良いけれど。
一度、届いてしまったら、失うのが恐怖となる。

大事な存在は足枷にもなるかもだけど、
逆に強くなることもあるかな。と、生きる事に対して貪欲になるのかもと。

とりあえず、食ってから考えましょ(#^.^#)
17:ショコラ :

2017/06/26 (Mon) 20:41:46

こんばんはー!!

真田丸、せっかくなので、最後まで頑張って(笑)見ますーー!!
ぐりさんのお話に圓ちゃん出てるし♪
で、でも、教えられるほど覚えてないかもですよーーーー(ToT)

そして、相合い傘(´∇`)読みましたーー!!
いいなぁ…(*´-`)こういうドキドキ、やっぱり好きです。
付き合う前の、でもお互い好きで…。そんなふたりが、いつもより近い距離ってのが…も~たまらんっっ!!

九十九が傘を持ってあげるとこ…。彼らしい。
さりげなく舞子の手に触れて…コイツ~、やるなぁ!!
しかし、舞子のとどめの可愛い台詞には、九十九も敵いませんでしたね~!!
って、こちらにコメント書いちゃった(笑)

むふふ。次回も楽しみ(*´ω`*)

舞子、可愛いなぁ…。

18:ショコラ :

2017/06/26 (Mon) 21:21:41

うわぁ…!!
舞子ぉぉぉ(T-T)
こんな清純な娘が「遊びでもいい」とまで思うなんて…!!
九十九、罪作りなヤツだ…(T_T)

でも、九十九の葛藤は分かる。
だけど、舞子に幸せを感じてほしい。
ああ、九舞は最高ですよねーー。

あと、テディさんの九十九への愛のあるお言葉は、ぐりさんのお気持ちそのものなんだろうなぁ…って、勝手に思いました。
あ、違ったら、ごめんなさいm(__)m

19:Qちゃん :

2017/06/26 (Mon) 22:00:26

追加。

SSのぶっ飛びな冒頭の気持ち、なんか分かる気がしますー。
なんかもー、色々と九十九の立場とか考えたらガチャガチャして
結局、なんにも出来なくなるから
「なんも考えずにこーい!!」
って仁王立ちな気持ちでぶつからないと九十九は落ちそうもないなあ。

この捨て身の舞子さんも、好きですわ。
踏み込まないとね(=^▽^)σ
20:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 22:23:57

>Qちゃんさん

ほんとにものすごいぶっ飛び加減でしょう?
これのどこが舞子だよ、おいと今の私なら思えるんですけど、あまりにーも九十九が動かないので腹が立ってこんな恐ろしいものを書いたような気がします。

もうなんなら怒らせてでもいいから本音を引き出したい!みたいなね(^_^;)そしてあまりにもおかしいという事にここまで書いてから気付くという・・・(^_^;)

好きと言ってもらえて救われます(ToT)

21:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 22:30:17

そして・・・大事なものを手にして弱くなるか強くなるか・・・
私的には実は壱門側では九十九は弱くなると思っていて、弐門になって少しだけそうではないかも、と受け入れる方へと
心が傾いている的にはしているつもりです。
原作がどうかは・・・知りません!だってそんな事どこにも書いてませんもんー(ToT)
まあ、あくまで私の願望として、ですが。
なので、壱門で神武館にいる時はまだまだ恋の手前的なので積極的。
ボクシング編は一番強い拒絶。
ヴァーリトゥード編では少しだけ軟化。
弐門では少し受け入れ体勢。
てな感じのイメージで描いてる事が多いです(^_^;)

まああくまでイメージなので全部が全部そうでは全然ないんですけどね。

22:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/26 (Mon) 22:42:52

>ショコラさん

頑張って真田丸見て下さいねー!ファイト!!
ふふふ、また相談してやるっ!これってこうですか?ってな!へっへっへ♪
って多分相談できるほど結局何にも分かってない気がしますが(笑)

相合い傘、いいですよねー♪
このジレジレッとした感じのSSが私は結構好物なので(^_^;)
一応舞子もちょっとだけね、成長していくのですよ!ってあんまり書くと次回のネタバレにっ(^_^;)

舞子は・・・「遊びでもいい」は絶対に言わない・・・。
まあここまで一気に書ききってから気付くというね(^_^;)
舞子のぶっ飛び台詞は置いといて、その後の九十九の葛藤と、テディさんの説得内容は気に入ってたりしたのでちょっと今回これだけご紹介しちゃいました♪

そうなんですよね、テディさんの説得内容ってきっと私が思ってる事そのものなんでしょうね。
でも、私自身のキャラではこんなに落ち着いてゆっくりと優しく諭すなんて事はできないので(笑)
やっぱりテディさんという素晴らしいキャラクターありきの台詞なんだと思います!
テディさん、ほんとに大好きですー♪
やっぱり修羅の門は九舞は当然だけれど、その周囲を囲むキャラクター達の魅力も素晴らしいんですよね♪
彼らあってこその二次創作だといつも本当に思います!!素敵なキャラクター達をありがとうございます、川原先生<(_ _)>
23:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/27 (Tue) 10:58:31

ちょっとショコラさんの言ってた神武館に来たのが冬弥君だったバージョンで考えてみました。

例の毅波君の道場破りの時。
「肩が震えてるよ。」と優しく舞子を下がらせ、そして倒した後も九十九のように「へへっ」ってな感じはなくてにっこりと微笑んでくれるので舞子も「ありがとうございます。」と素直に言い、徹心じいちゃんには手紙を渡して「祖父より預かって参りました。」みたいな・・・。

うーん、ものすっごいお上品な作品になりますねー(笑)
ちなみにやっぱりあの当時の九十九が必要ですね、この部分って。

弐門の九十九だったら舞子はときめくどころかヌボーとしているから「強いけど変な人・・・。」みたいな(笑)
うーん、やっぱり当時の九十九こそが正解なんですね(笑)
24:ショコラ :

2017/06/27 (Tue) 11:02:45

大事なものを手にして弱くなるか強くなるか・・・の件。

確かに川原先生は、そこんとこの表現がないですよね・・・。
九十九が舞子をどうしたいか(やだ、なんかやらしい(笑))、みたいなの、全っ然ないですよね・・・。
あ・・・このままいくと、原作への文句になってしまうわ(._.)
だけど、ぐりさんの解釈、しっくりきますよ。
じゃないと、壱門の一部、二部の九十九とその後の九十九の違いが気になる・・・。

でも、ぐりさんの解釈でみれば、九十九の舞子への想いが、自分にとってどうなってしまうのかを、九十九が悩み苦しんでいると自然に思えます。
原作を読み返す度に、ボクシング編での再開の九十九の表情とか、アリオス戦のあとの控室での九十九の心境とか、より深く感じる事ができるんですよね。

ぐりさんのお話に出会えてなかったら、こんなにまで深く深く
九十九の舞子への気持ちを考えてなかったかも・・・。
だから、今はすごく楽しいっっ!!
ぐりさんと、Qちゃんさんと、思いっきり修羅の門の話(特に九舞について)ができる!!

Qちゃんさんのおっしゃる通り、舞子を自分のものにしてから考えちゃえばいいんだーーーーー!!

あと、ぐりさん、テディさんの台詞の件・・・・。
ごめんなさい・・・もしかしたら、私余計な事を言ってしまったかもです・・・。
でも、ぐりさんのお話にテディさんがでてくると、九十九は原作同様、素直になるので嬉しいです。
よっしゃあ、九十九の本音ゲットォォ(^O^)って(笑)
テディさんいいですよねーーー。

あーーー、長くなってしまいました、すみません。
25:ショコラ :

2017/06/27 (Tue) 11:06:36

冬弥君バージョン・・・。
確かに・・・。
礼儀正しい・・・。
この物語にのめり込めない・・・。
舞子のツンデレが出てこない・・・。
豚の重戦車発言も・・・。

やっぱり、九十九じゃないといやぁぁぁ!!(笑)
26:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/27 (Tue) 15:54:16

テディさんについてちょっと思った事。
ショコラさん、何を謝ってるの?別に何も謝られる事言われてないぃー!!

そしてちょっとテディさんで思い出した事があるんですが、そこからの派生が大きくなるので、長くなりますがお付き合い下さい<(_ _)>

九十九がテディさんに対して素直というのを一番感じたのはボクシングの時に「俺は幼い頃からこれをずっとやってきたから辛いと思った事はない代わりに楽しいと思った事はない。でもそれがテディさんだと楽しい。」
みたいなことをクラウザーさんに九十九が言っていた事があったと思います。
あの時に楽しいと思えるほどにテディさんに心を開いているんだな、と感じた事が今日の私の中での九十九がテディさんに対しては素直になるという現象の元になったのだと思います。


でもそれと同時に「楽しいと思った事がない」という九十九の言葉にもものすごくショックを受けた記憶もあります。それがものすごく九十九の幼少期の異常さというか、陸奥圓明流のすさまじさを感じさせる一文だな、そう思った気がします。
ボクシング編の頃って一番九十九の中で陸奥圓明流に対して否定的・・・というのはちょっと語弊がありますが、まあ比較的それに近い感情を露わにしている時期のように思います。

今回のこの言葉やテディさんに言われた冬弥君の為に戦っているというのを否定するくだりや、魚を捕った時に兄の方がずっと早かったくだり・・・。
まあ陸奥圓明流を、というよりは九十九の場合は自分自身を否定したいような雰囲気に感じたように思います。

まあそういった意味ではただ単に舞子との事に対して否定が一番強いのではなく、陸奥圓明流や自分自身に対する否定が一番強い時期なだけに舞子との関係においても
一番否定が強く出ていると感じるのかなぁ?と思いました。

27:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/27 (Tue) 16:07:09

>ショコラさん

わーん、解説しっくりくると言って頂けて嬉しいです♪
そして私のSSきっかけで色々と考えるようになったなんて!!感謝感激ですー♪

でもかくいう私も本当はただただ九十九と舞子をイチャイチャさせたかっただけなんですけど、気が付いたらちゃんと書く為には九十九がどう思っていたのか、どういう心の変化があったのか、そういう部分を抜かして書いた所で全然萌えれないという事に気付いたので、なんとかかんとか私なりに納得のできる解説がないかを原作を読みながら考えた結果、という感じです(笑)
まあ、九十九が本当はどう思っていたのかはもう川原先生に聞くより他はありませんけどね(^_^;)

でもほんとに一部二部に対しての三部、そして四部、最後の極めつけは弐門と舞子に対する態度の差、そして九十九自身の性格の差がほんとに恐ろしいほどありすぎる主人公
ですもんね、九十九は・・・。
28:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/27 (Tue) 20:38:14

あ、今日梅雨のお話の続き?のSSSを上げました。
しょーもなさは前回よりももっと上がってますけど(^_^;)
もし良かったら読んでみて下さいね♪
29:ショコラ :

2017/06/27 (Tue) 22:26:19

ああ~、ぐりさんっっ!!なんか、考えすぎてしまいました(。>д<)
自分でも、なんて言ったらいいか分からなくなってしまって…(゜ロ゜)
なにも気にされてないようなら、良かったぁ(^○^)

確かにテディさんにはあんな事話すんだ~、って思いました。
他の誰にも、そんな事言った事ないんじゃないかな…。
すごく九十九の寂しい一面や、素直に喜んでる一面が見れて新鮮でしたね…。
今まで、じーちゃん、冬弥、母以外で親密になる人はいなかっただろうし、舞子にだって、初めて関わる年頃の女の子(おまけに可愛い♪)だもん、はじめは色々楽しかったんじゃないかな~(*´-`)
どんどん、想うほど辛くなっちゃうんだろうけど。
ぐふふ、こう言うの考えるのも、大好き。

今日アップされたお話、読みました~~!!
タイトルにドキリ(///ω///)♪
のちほど、ゆっくりコメント入れたいと思います~(^_^)v

30:Qちゃん :

2017/06/27 (Tue) 23:32:44

冬弥バージョン!!!

アザース!!!アリガトウゴザイマス!!
確かに「祖父から…」ってちゃんと挨拶して渡しそうだなぁ…!!

ぐう…(*´∇`*)可愛い…

舞子が、「この人、本当に強いのかな?そんな風に見えないけど…」
とか心配しちゃうのかなぁ(*´Д`*)
その後、九十九が乱入して来て欲しいな!
んで、「お兄さんと違って失礼な奴!」みたいなw

結局、気になるのは九十九ん なのだわよ。

はあはあ、冬弥かわええ…(*´Д`*)
31:ショコラ :

2017/06/28 (Wed) 08:27:43

九十九、乱入いいですね!!
無礼そうだ(笑)

海堂さん、山から降りてきたらびっくり…。
なんだ、こいつらは。
で、舞子と何だかんだで楽しそうにしてるやつらを見て
、珍しくイラっ(`´)
舞子への恋心を自覚…。
「そんな馬鹿な…」

んーー、海堂さんは、こんなんじゃないなぁ…(´・ω・`)
32:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/28 (Wed) 08:58:40

>ショコラさん

ほんとにテディさんには甘えてる感じがありますよね。ある意味だからこのボクシング編まではまだ「少年」としての九十九が強く描かれている気がしますねぇ。
まあ何せ呼び方も「ボーイ」だし(笑)
テディさんにしてもクラウザーさんにしてもちょっとだけ、ほんのちょっとだけですけど保護者的な要素を持ち合わせてる感じがあるような気が。

でもそれに対して4部のヴァーリトゥードは周囲にいる人との関係性としては対等だったり、ライバルだったりで少年から男へと変化した時期のように思います。

ちなみに、ほんとに初めて関わる年頃の可愛い女の子・・・。浮かれてたんでしょうねー。何回も言いますけど、きっと「惚れてくんないかなぁ?」と思ってたと信じてますっ(笑)
33:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/28 (Wed) 09:04:46

九十九が後から・・・それはいい!ナイス過ぎます♪美味しいぃぃー!!陸奥兄弟同時に味わえるのは嬉しすぎますよねー!

その場合、舞子はどうするんだろう??
多分先に冬弥君が倒してしまってたら、微妙にあこがれ的な感じには思ってたでしょうね♪でも、冬弥君がいた場合の九十九ってほんとに私の中でむっちゃ可愛い弟にしか思えなくて・・・。初登場の時よりもより一層やんちゃ坊主的要素が高くなりすぎてて舞子の反発も半端なさそう(^_^;)

Qちゃんさんのおっしゃる通り「なんでお兄さんはあんなにしっかりしてるのにこっちはこんなに失礼なヤツなのっ!!」と(笑)ツンデレというより完全ツンツン状態がしばらく続きそう(笑)
だって九十九の活躍の場はないから舞子がデレる事ができない(笑)九舞に果たしてなるかしらん??(笑)

34:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/28 (Wed) 09:08:33

でも正直、海堂さんと対戦するのにふさわしいのって九十九か冬弥君かで考えたら・・・断然冬弥君の方がいいような気がする私は酷い・・・?(笑)
落ち着いてるし、大人な感じだし、そしてそして!むっちゃ男前対決!!・・・え?九十九は??男前じゃない??(笑)
でも歴代陸奥と比較しても・・・かなり・・・顔面偏差値としては下の方だと思う私は本当に九十九のファンなんでしょうか??(^_^;)
35:ショコラ :

2017/06/28 (Wed) 12:35:06

男前対決!!
見たい、見たいっっo(^o^)o
海堂さんと冬弥君がどんな言葉を交わしながら闘うのか、
気になるーー\(^o^)/

顔面偏差値っっ!!
もう~~~~、ぐりさん、吹き出しちゃったよーー!!
九十九君、なんで男前じゃないのかなぁ…。
顔のパーツもそんなに悪くないし…何でだろ!?
モブキャラみたいな、適当に描いてるわけじゃないし…。
格好いいんだけどなぁ(*´-`)
俳優さんでも、特別男前じゃないんだけど、格好いい顔に思える人、いますよね~。そんな感じかなぁ…。
なんせ、金髪娘にまで好かれるんだから…顔だけじゃないだろうけど。

36:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/28 (Wed) 17:48:09

男前は正義ですからねー♪(おい)

でも最初の九十九×海堂さんって結構泥臭いというかなんか一番印象で残っているのが「いざとなったら陣雷以上の事ができる男よ。」みたいな事を徹心じいちゃんが言ってて、海堂さんが石を蹴り上げて、九十九が額で受けてみたいなシーンがありましたよね。
流石に海堂×冬弥はあれじゃあないな、とはものすごく思う。というかあれはかなり修羅の門の中でも珍しい闘いだったような気がする・・・。まあある意味何でもありっていう事自体は正しいっちゃ正しいんだけど、なんかそれでも今から見ると「ちょっと、それは・・・どうよ??」と(笑)
まあ、昔の少年漫画そのものでしたね♪

あくまでイメージではやっぱり大人な格好いい闘いをしてそう・・・って、どんなだよ?それ?(笑)そして全く描写はできませんです、はい<(_ _)>
37:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/28 (Wed) 17:55:10

九十九の顔面偏差値(笑)
ほんとにね、パーツは悪くないし、そこそこ男前なはずなんだけど、他の陸奥達と比較すると・・・あれ??みたいな(笑)

おっしゃる通り九十九は存在そのものが格好いいのは間違いないんですけど、あくまで顔面のみだと・・・ププッ。

あら、こんな事ばっかり言ってたら舞子に怒られてしまうわ(^_^;)まあどんな超絶男前よりも舞子にとってはきっと九十九が世界の誰よりも格好いいはずですからねっ!キャッ!!

ちなみに私が密かに思う事は・・・やっぱり山田さんに似たのが痛恨の極みだったのでは??(笑)ちなみにケンシンさんが似てると評したのは静流さんに、ではなく、山田さんの方だったと私は勝手に信じているんですが、どうなんでしょう??(笑)
38:Qちゃん :

2017/06/28 (Wed) 23:40:54

ケンシンさんの似てる→現さんに似てる。だと私も思ってます。
ケンさんは、静流さんのこと好きだったけど
現さんの事も気に入ってたと思うんだ(#^.^#)

九十九の顔面偏差値w
この作品、主人公とヒロインは、ニュートラルと言うか
基本型な外見だと思って。ほら舞子は黒髪ロング。みたいな。

つまり、鉄板!!!なんです(●´人`●)

だから九十九かっこいいです!!更に可愛い時も。
どっちにも見れるアレでいーのだーー!
39:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/29 (Thu) 07:56:38

確かにー!現さんの事も気に入ってはいたと私も思います♪だけど、やっぱりちょっとムカつく、みたいな(笑)
だってせっかく告白したのに横からかっさらってったんですもんー♪
ああ、いいなぁ。舞子をかけて九十九と海堂さんとかあれば良かったのに・・・(ToT)
なして親でこんな楽しい三角関係を見にゃならんのじゃ(ToT)

九十九はねー、ほんとにねー。
私も昔は可愛いし、格好いいと思ってたんですよ(おい)
でも段々と(笑)ちなみに舞子は確かにものすごくスタンダードなヒロインなんですけど、九十九の髪型って・・・あれってヒーローっぽいんかな?(笑)
ちょっと変わった髪型だなぁと思った事ありませんでした?(またもや酷い)

40:ショコラ :

2017/06/29 (Thu) 23:13:40

ケンシンさんの「似てる」発言。
私も現さんに似てるって言ったと思いますーー。
でも、あの描き方、紛らわしいですよね。その後、静流の話するから・・・。川原先生っぽいな、と思う(笑)

ほんと、舞子をかけての闘い、見たかったなーーー!!
巖さんと徳光さんだって、凜子さんをかけて闘ったんだし・・・。
なんだよ、とーちゃん、かーちゃんの時代の方が青春してんなぁ!!

なるほど、鉄板ですね。
確かに・・・。こっちの方が、修羅になった時の九十九が映えますよね。普通っぽい感じ。舞子もボクシング編で言ってましたね。
普段はどこにでもいるような、まぬけ面の男の子、みたいな事(笑)

あと、九十九の髪型。壱門始まりのあたりは、あだち充っぽいキャラの髪型してませんでした?たっちゃんみたいな・・・。
弐門の髪型が、特に変ですねーーーー。
悟空の髪型とかも、かなり個性的(笑)だけど、かなりぷっとんだキャラだから気にならないけど(笑)
九十九、気になります・・・。
あと、九十九の髪、思うように描けない。
41:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:01:40

そうそう、凛子さんを賭けての勝負もありましたねー。
今となっては本当にその人を賭けてたの?という凄まじい人ですが(笑)何せあの九十九に「お前のかあちゃんもっとすげえな。」と言わせた人ですもの!いやでもある意味ああいう人だからこその価値があるのかも。うん。

九十九の髪型は確かに普段はヘタってる髪が修羅ってる時には逆立ってましたもんねー♪「まぬけ面の男の子」!これすごい好きでしたー♪そのまぬけ面の男の子に惚れたんだねーと(笑)いや別にまぬけ面に惚れたわけじゃないか(^_^;)
42:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:08:04

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_863200/863130/full/863130_1498784884.jpg そして九十九の髪型及び顔の遍歴。
ponzu様に以前掲載をお許し頂いた九十九君模写ですー♪
第一部の頃。
43:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:10:31

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_863200/863130/full/863130_1498785031.jpg 二部の頃

この時の顔がむっちゃ可愛いと思いますー♪二部の最後辺りが私は多分一番好みなのです!

結局北斗戦辺りという事になります(^_^;)
44:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:12:51

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_863200/863130/full/863130_1498785172.jpg 第三部の頃。
どんどん男っぽくなっていく時期ですよね、この時の九十九は本当に生き方というか、その全てが男前でした!!ボクシングの頃もものすっごく好き♪
45:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:16:28

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_863200/863130/full/863130_1498785388.jpg 第四部の頃

この頃って舞子とか自分の生き方とかそういう事よりも闘いそのものがものすごく重視されて書かれていたように思いますね。三部くらいまで描かれていた九十九の中の色々な葛藤のような感じ(ものすごくしっかりと描かれてはいませんがそこはかとなく感じる(笑))が四部では完全になくなっててただただ闘いに邁進する男として描かれている感じがします。
それはそれで乙なんですが、ちょっと少年らしさがなくて寂しい・・・。
46:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:19:18

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_863200/863130/full/863130_1498785558.jpg そして問題の第弐門・・・。
うーん。以前と比べるとやっぱりなぁー・・・。
いや、これはこれで男前だっ!多分(^_^;)

47:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:21:21

とりあえず画像がUPできるらしい・・・という事は知っていたので試しを含めてやってみました(^_^;)一応一つのコメントにつき一つの画像はUP可能・・・のような感じ。

でも、多分二枚は不可能っぽい・・・。

48:ぐりーんすぷらうと :

2017/06/30 (Fri) 10:27:59

確かに一部付近の髪型は、あだち充のたっちゃんっぽい!!
そしてどの時代であろうと・・・九十九の髪型は本当に難しい・・・(^_^;)
私が今まで描いた九十九で本当に九十九っぽいのってほっとんどない(^_^;)

ヤツは顔にしろ、髪にしろ、そして文章で描くにしても本当にむずかしい男だと心の底から思うのですー!!
49:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/04 (Tue) 08:03:38

とりあえずせっかくなので季節ものとして七夕のお話を書けたらいいなぁ・・・ってまだまだ全然書けてないんですけど(笑)

よーし!頑張るぞぉー♪
50:Qちゃん :

2017/07/04 (Tue) 22:35:28

おおお、こうして並べて見てみると、弐門がやっぱりかなり絵柄が違うですね。

でもでも、弐門でも、ごくごくたまーにですが、可愛いのがあるんですよー。
性格も、どんどん変わって行ってますね~。
前半は他者のご意見(担当さんとか?)が入ってて、
後半は作者様の好きなように描けたのかなとか邪推する。

しかし、模写が上手すぎる…(*´Д`*)

51:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/09 (Sun) 11:25:10

あ、コメント頂いてた(^_^;)

弐門で好きなのはご飯食べてる時ー!
二人で話してる時の髪のヘタッた感じの時ー!
そして舞子に怒られて舌出してる時ー!

・・・それくらいな気がします(笑)

この模写もう神様みたいでしょー?(おい)見た瞬間に、これ欲しいー!!!と思って突然お願いするという暴挙を致しました(^_^;)でもそれを受けて下さった優しいponzu様!!!ぐりの神様です!!!!
52:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/09 (Sun) 11:28:16

ああー!!七夕のお話がっ!!!
完成しないぃぃー!!

言い訳させて頂きますと、最初書いてた内容がちょっとつまらなくて(おい)
限りなくこの前書いた梅雨のお話とトーンがそっくりでちょっと書いてて「これじゃあアカン!」と思ってしまったもので・・・。

というわけでちょっと別な感じにしようと思ったら思いの外時間がかかってます(^_^;)

まあ、できれば今日、明日中に頑張りますー♪
53:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/10 (Mon) 17:56:07

七夕の願いごと 上 をUPしましたー♪
ものすごーく適当な感じなのであまり楽しめないかもしれませんがもし良ければお読み下さい<(_ _)>
54:Qちゃん :

2017/07/10 (Mon) 21:27:32

七夕読みましたーーーー!!!
お疲れ様でしたーー!!

お互いに、カッコよくなっただの、綺麗になっただの
褒めあってるシーンに萌えるのと同時に

リア充爆発しろーーーーーww

と悶えました。ご馳走様です
55:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/10 (Mon) 22:12:37

ふふふ、甘いですわよ!Qちゃんさん!!
夢の中の事ですから「リアル」じゃない・・・。
だから「リアル」は充実してませんのよぉぉぉー(笑)

面倒くさくてすみません(^_^;)
ちなみにお互いに褒め合うシーンは原作にあれば良かったのにぃという私の願望を詰め込んでみました♪

それと舞子の九十九に対するバカ連呼とか(笑)
56:Qちゃん :

2017/07/11 (Tue) 00:12:43

ホントだ!リアルは充実してなかったあ!!www

出会ってすぐに舞子が抱きつくシーンいいですねぇ。
お互いに感情ダダ漏れ状態…うわあヨダレものです。

九十九が実家でおじーちゃんにからかわれてるのニマニマしちゃいますね。

なんといいますか、夢の中とか、外国とか…
シガラミが無いと2人とも素直で可愛いです(≧∀≦)(≧∀≦)ん
57:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/11 (Tue) 16:31:35

七夕の願いごと 下がUPできました。

うーん、中途半端さが凄まじいです(^_^;)
ほんとにごめんなさいぃぃー(ToT)

ではでは次からネタバレ満載のコメント?になるのでSSを読んでない方は先に読んでからの方がいいと思いますー♪
58:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/11 (Tue) 17:52:49

やっぱり視点がクリクリと変わるという手法って結構難しいなぁ・・・。皆さん分かったんだろうか?
そしてヘタだと認識していて何故か挑戦し続ける私(笑)
そして最後の最後にはどうまとめたら良いのか分からなくなたというひどいものになりました(笑)

夢なんだからねぇ、もっと九十九が頑張ればいいのに、という気もしつつ。舞子ももっとオープンになればいいのに、とも思うんですが、如何せん自分の中の像はある一定以上は崩す事できず仕舞いでした(^_^;)


59:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/11 (Tue) 17:57:39

まあ結局先に夢か現実か、的な感じにしてやろうと思ったのがまずくて。
だってもしもそこで最後までしてて次現実にしようとしたら舞子が処女じゃないってあかんやろーみたいな(笑)
だからといって続きを書くわけでもないのにどういうこだわりなんでしょう?と自分で自分に疑問を抱きつつ・・・。

そして結局なんのかんのと言いながら私には多分舞子が否定をするのなら最後までは突っぱしれないヘタレな九十九しか書けない(ToT)

いや、一回くらい完全にそういう九十九を書いてみたい(これこれ)とは思ってるんですけどねぇ・・・。
なかなかに難しいなぁ・・・。
前にネタ?を頂戴して以来頭に渦巻いてはいるんですけれどもねぇ・・・。
60:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/11 (Tue) 19:52:16

とりあえず今回のSSで自分的に一番好きなのは舞子が自分の夢だと思っているので「私にこんなレイプまがいの願望があるの?」と思ってるシーンがお気に入り(笑)

いや、ひょっとしたらあるのかもよー?なーんてね(笑)
61:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/12 (Wed) 08:15:46

うーん、こっちで宣言したからなのかしらん?カウンターの伸びが素晴らしく、皆様お越し頂いてありがたいような、あんな話で申し訳ないような、という感じです(^_^;)

まあまた気が向いたら来てみてくだされーい♪

いい加減、修羅の花嫁書かないとなぁ・・・。
テーマが面倒くさいだけに本当に面倒くさい・・・(おい)
でもラスト辺りの展開は自分でも楽しみなのでそこまでなんとかかんとか頑張るしかないですね(笑)

あとはまあ今まで書き溜めててまだUPしてない小ネタものを幾つか仕上げれたらいいなぁと思います♪


62:ショコラ :

2017/07/13 (Thu) 19:13:48

ヘタレな九十九、好きですよん(笑)
途中で我にかえって、舞子ごめん、よしよしする九十九もいいですよね♪
でも、そのまま突っ走ってしまったら…どうなるんだろう…なんて…(´ 3`)

63:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/13 (Thu) 20:25:47

そのまま突っ走ったら??そりゃもう嫌がる舞子押さえつけて無理矢理・・・ですよね♪うふふ♪
そのうち一回くらいはね、完全にプッツンした九十九を書きたいなぁと思うんですけど、皆さんに受け入れられるのかしらん?とちょっと不安になります(^_^;)
64:ショコラ :

2017/07/13 (Thu) 20:46:36

ふふふ。Qちゃんさん、ショコラのエロエロ妄想光線ーーーー\(^o^)/
ぐりさんに届けーーーーー!!

ぐはは。私達のせいですね(笑)
65:Qちゃん :

2017/07/14 (Fri) 11:23:49

>ショコラさん

我々の陰の活動(ぐり様ブログのピンク化計画w)
が、徐々に効果が確認出来ますね…!!

ぐはーーー!!
暴走する九十九ん、好きじゃああああ!!!
無理矢理、好きじゃあああ!!

でも、ギリギリで我慢するのが、1番美味しいです
じゅるり

変態でスミマセン
66:ショコラ :

2017/07/14 (Fri) 21:28:15

Qちゃんさん、
うんうん♪いい感じにピンク色に染まっていますね…(*´ω`*)
うひひ…。
67:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/14 (Fri) 22:31:35

そうですよ、最近もう頭の中がピンクまくりですよ!
きっとその内、本当に野獣ってる九十九が発動しますよ!!
ちなみに、毎回途中で止まるヘタレと思うなよっ!(´ー+`)フッ

というわけでかなり閲覧注意の必要なものができる可能性高し・・・。
68:Qちゃん :

2017/07/14 (Fri) 22:40:55

>ぐり様

本当に野獣ってる九十九・・・
それってヘタレじゃない九十九ってこと・・・?!

どうしよう今から動機が止まらないです。
ぐり様の書くヘタレが好きだけど。。野獣九十九。全力でお待ちしております。

そして七夕SSに逆に感化されて、イメージ絵を描いちゃいましたよー。燃料がグルグル回り回ってるみたいですね^^
また送りつけてもいいですかー?
69:ショコラ :

2017/07/14 (Fri) 22:57:55

うおおおっっ!!ぐりさんっっ。
ピンクモード全開ですねっっ( ☆∀☆)
嬉しい…(ToT)…(泣くなよっっ)

九十九がね、あの九十九が、(だから、落ち着きなさい)
力尽くで、無理やり舞子を求めようとする…。
舞子が力で抵抗できるはずがない…でも、嫌がってても…結局その気になって…
舞子も夢中に…(きゃーっ)
ただ無理矢理なだけは辛いけど、その気になっちゃう(もちろん好きな人だから)
ってのがね…(*´ω`*)

しかし、私はピンクな話題になると突っ走ってしまう…(;・∀・)

70:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/14 (Fri) 23:37:23

Qちゃんさん!!やったぁぁぁぁー!!!!!!もうら、もらう、くれ!!!(こら)
でも本当にお互いのエロ心にお互いが燃料を与え合ってもうこれは永遠に燃え続けるしかなくなりますね(笑)

そしていやん、ショコラさんったら!!
そんだけ書いたんならもうSSも書けますよぉ!ぜひ書きましょう!!!!

ほら無理矢理九十九がさあ、どうするの??
どうやって舞子を押し倒して??
いや、やだ、だめっと言いながらも抵抗しきれなくて??
押さえつけられながら弄られ続けて?
そして最後にはもうおかしくなっちゃうってかぁ?
(誰もそんな事は書いてない)
いやぁいいなぁ♪人の書く九舞・・・。
絵も好きだけど文章も好きよっ♪

いやあ、たまりませんー!!!!(もうピンクが止まらない(笑))
71:ショコラ :

2017/07/15 (Sat) 00:13:11

Qちゃんさん、
私も見たいーー\(^o^)/
最近、全然描いてなくて…。
エネルギーちょーだい…('ε'*)

ぐりさん、
やだぁーー(///∇///)勘弁してーー!!
頭の中は妄想が暴走してるんだけど、文章に出来ないの…。
だからって、漫画にも出来ない…。
ぐはーーーー!!頭の中、大変やーーーー(;゜∇゜)
72:Qちゃん :

2017/07/15 (Sat) 00:21:16

お二人ともOKでーす。
1日寝かせてからテロるね。閲覧時に後ろに注意ですよ!

・・・って言うほどのモノではないですが・・・
ハーレクインの挿絵?みたいなキラキラなものになってしまってどこが修羅やねん!くらいの別人に成り果ててますがお許しを。

私も1か月ぶりくらいに描きました・・・
エネルギー0から、七夕でMAXに(笑)

ショコラさーん。
私も頭の中 大変なことになってまーす!
どっちが鬼畜か今度語らいましょう^□^
73:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/15 (Sat) 08:47:53

わーい、エロエロ談義だぁ(違う)
でも流石にここでそれはできないかなぁ?
ただ、やっぱりまあ最初から想定内といえばそうなんですが、三人しか書き込みがないのでそろそろ第二段階に移ろうかしらん??
元々三人だけの掲示板にするか否か悩んでいたので、結局こうなるのなら、別に皆様に三人の談義を世間様に披露する必要性はないかな?とも思ってたりしますので。。。

まあ掲示板という特性上、それはそれで別に間違ってはないんでしょうけど、私としては相互意見交換の場にしたかったので、ROM専用様の事は基本想定に入れずに作ったもので・・・。カウンターの動きを見てるとなんとなく三人の会話を無言の人々が遠巻きにじーっと見てる感じで・・・。まあ入りづらいというのもあるのかな?とは思うのですが。
なので突然パスワード設定してしまうかもしれませんー。
その時はどうかご容赦を<(_ _)>
74:Qちゃん :

2017/07/15 (Sat) 19:08:54

>お2人へ
図、送りましたー:;(∩´&#65103;`∩);:


あと、ホントに3人だけになっちゃってますね…
誰か他に読んでる人いるのかな~?

>これ読んでる人様へ
是非、色々な人の意見とか聞いてみたいです!!
だって修羅とかマイノリティ過ぎてw語れる人いないんですもん

レッツカモン!!(人様の管理ですが…)
もしくは、書き込まないけど、まあ、たまに読んでるよ~とか
パスワード設定されちゃう前に…是非~

あ、あと…個人的に、スロットの修羅の刻とか
好きな人、打った人とか居ないかな…とか
(//∇//)
75:ショコラ :

2017/07/15 (Sat) 20:53:28

Qちゃんさん、 ありがとうございました♪♪♪
ずっ~とニマニマしております~(*´-`)
いや~~気分は最高!!

皆さん、よかったら一緒に語らいたいですね…。
なんか、皆が話しやすそうな話題ないかなぁ…。
私の突っ走った話題とかでよければ、「原作のここが好き」に話題書き込みますー。
壱門の話になるよ、いいかなぁ!?
76:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/15 (Sat) 23:36:49

うわーん、もぉーメロメロになっちゃいました♪ありがとうございます♪

そして・・・お二人ともエライ・・・!!(´;ω;`)ウルッ
私なんて一番最初にケツをまくろうとしたのに(笑)おい管理人って感じですが(笑)
だってぇ、なーんか遠巻きに囲んで見てる人がいてその真ん中でわたしたちがしゃべり続けている図が頭に浮かんでしまうんだものー!(=゚з゚=)ムー

まあ、別にいいっちゃいいんですけど、お二人にも申し訳ないなぁと・・・。
私自身はもうこれだけ妄想を垂れ流しまくりなSSをあほほど書きまくっているので今更感満載なんですけど(笑)
77:Qちゃん :

2017/07/15 (Sat) 23:46:53

もちろん、方向性は管理人さんにお任せしますよ!
確かに想像すると恥ずかしいかも(//--//)

でもあと1週間くらい待って~(><)

スロ修羅な人が来てくれるかも・・・
(←それか?オイ!!!)

カスな大人でごめんさい
78:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/17 (Mon) 19:57:47

了解しました!とりあえずスロ修羅な人を求めてもうしばらくはOPENにしておく事とします(笑)

いや、お二人が負担になってなければいいんですが(^_^;)

まあ書き込みすること自体にある意味リスクってちょっとあってやっぱり自分の意見をネットとかに書く時って賛成意見ばかりでなく反対意見を持つ人もいたり、批判的な考えを持つ人はやっぱり必ずいるんだと思うんですよね。

なのである程度相互意見交換の場になればいいんですけど、そうでないんだったらちょっと申し訳ないなぁと・・・。

たぶんブログのコメント欄よりも私もそうですけど、ちょっとチャット的要素も含んでいるので、文章の間違いやら誤字脱字も多くなりがちだと思うんですよね。
それだけになんとなく見られてるだけってどうなんだろう?と。まあ結局三人だけしかほんとにいないのかもしれませんが(^_^;)

このカウンターがいまいち人数そのものをカウントはしていないのでよく分からなくって・・・すみません<(_ _)>
79:ショコラ :

2017/07/17 (Mon) 22:49:18

ぐりさん、どんな感じでも、大丈夫ですよ!!(雑)
三人でワイワイやってるの、誰かが見てても…(笑)
入りにくいのかなぁ…やっぱり…。私が見てるだけの立場でも、本当は書き込みしたくても、なかなか勇気がでないかなぁ…。
でも、この掲示板はすごーーく居心地がいいですよねぇ。
だから、すぅーーーっと入っていけちゃうと思いますよ~~皆さん。

Qちゃんさん、刻スロ仲間、現れるといいですねー(^_^)v
刻読んで、門を知った、みたいな方いるから、刻ファン結構いらっしゃるんじゃないかなぁ!?アニメもやってたんだしね~。
誰かーーいないのーー!?

おおっと、ちょっとストレッチしてくるわ(笑)
80:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/18 (Tue) 16:43:24

おおう、お二人にむっちゃ宣伝してもらっちゃってる(ToT)
すみません、ほんとに申し訳ない<(_ _)>
まあ、多分管理人がちょっと?不気味なので入りづらいのかもしれません(^_^;)
取って食ったりはしませんよー!!
ちょっとばかし皆さんの修羅愛を語って欲しいだけなのです・・・(´・ω・`)ショボーン
81:Qちゃん :

2017/07/18 (Tue) 21:36:56

ぐり様。
ありがとうございまーす(*'ω'*)

スロ修羅設置から2年…
みなさーん。規制の為もう今年限りですよ~(p_-)

むしろ原作ファンは反対派多数か…な…?
普通のお話でも~(●´人`●)
待ってますm(_ _)m
82:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/18 (Tue) 21:59:32

んん?
スロ修羅ってそんな反対派が出るような感じなんですか?
私は自分がギャンブルにはまるタイプでなければぜひともしたいと思うんですけど(^_^;)

それこそ人間のクズになるまでやりそうな自分が怖くてできないというだけなので(^^ゞ

ひょっとしたアニメそのものに反対派がいるとかそういう感じなのかしらん?
83:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/18 (Tue) 22:09:21

ランキングを初めてブログに作ってみました!
ほんとはFC2拍手という機能を最初から使っていれば自動でちゃんとランキングを作ったりもできたんですが、何せ最初はよく分かってなくて(^_^;)

気が付いたらたくさん拍手を頂いてしまった後で(^_^;)
新しい拍手機能にするとリセットされてしまうんです。何せ拍手大好き人間なので結局そのいくつかの拍手をあきらめられずにそのままにした結果地道に全SSの拍手数をエクセルにまとめるという作業をするはめになりました(笑)
84:Qちゃん :

2017/07/18 (Tue) 22:52:27

ランキング!楽しかったです♪読み直したりしましたー!
でも、上だけで、続き読みたいと思ったら次の下はどこだ…?!!
ってなりました。(●´人`●)
ゆっくり探しながら、また他のも読みたいと思います。
探索♪探索♪
85:Qちゃん :

2017/07/18 (Tue) 22:54:45

あ~。スロの件は…
原作が好きな人は、やっぱりギャンブルになるのは
嫌!って方は多いですね…
作品を汚される…感があるんだと思います…

気持ちは分かりますね。
私的には、ここからまた人気が出たら、誰か新規で好きになったりしたら
いいな…とか期待しちゃうんですけどね…

エヴァとかこれからブレイクしたのとか、色々ありましたから…
86:Qちゃん :

2017/07/18 (Tue) 22:57:57

あ、修羅に限らずですよw

修羅はむしろ、そこまで思い入れある人は少な目かもしれません

る◯剣とかは、作者さん本人が、パチンコ化をNG出されてるみたいです。
読者さんのイメージを守りたいから…?

って、世間的には、そうゆうイメージ強いですね
87:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/18 (Tue) 23:11:14

なるへそー!ギャンブルになるのが嫌かぁ・・・。
なんか別にゲームと一緒のイメージなんですが、やっぱり人によっては感覚が違うんですね(^_^;)

ちなみにランキングを作っていて、確かに私もちょっと思いました(^_^;)次のお話どこ??って(笑)
いい加減ちゃんとSS内にやっぱり前のお話と後ろのお話を設定するようにしようかなぁ・・・。
そしたら多分もっと読みやすくなると思うんですけど・・・。え??何故今までしてなかったのかって・・・?そりゃまあ、面倒くさか・・・(^^ゞエヘヘ
はい、ちょっとまた暇を見つけてはちょこまかと前後のお話設定していこうと思います。

一応ホタル舞いし修羅の郷だけ挑戦的にしてあるんですが、まああんな感じになるかなぁ?と思います(^_^;)
88:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/18 (Tue) 23:33:00

ランキングについてなんですが、ちょっと勝手に思った事をツラツラと書かせて頂きます<(_ _)>

一位が「舞い散る桜の下で」だったんですが、実はこれはある意味順当といえばそうなのかも・・・と思ったり(笑)
というのも、一回UPした後に春というだけでこんなお話ありましたのよー!と再度ブログにて紹介したりしたので、皆さん律儀に拍手を下さったりしたんですよね。
それもあってあの拍手数になったという経緯があります(^^ゞエヘヘ

そして次が「君と紡ぐ癒やしの時」の最終話!これは私的にも結構嬉しい感じでした♪
まあ多分このSSそのもの、というよりはシリーズに対する拍手が集約されたのかな?と勝手に思ってます♪
何せ、そもそも入院中に何もなかった事の恨みを晴らす為に始めたこのブログですもの(笑)
その恨みを目いっぱい晴らさんがためにひたすらイチャイチャさせる為に頑張りましたからね(笑)

でも、正直今の私には逆に書けない気がする(^_^;)というわけである意味貴重なSSかも??(笑)
それに皆様からのリクエストを募集してヒントをもらって書かせて頂いたある意味共同作業的な?(笑)
そういった意味でも本当に私にとっても大切なSSになりました♪それが二位!!嬉しいぃぃー!!!
89:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/18 (Tue) 23:49:12

そしてそして三位が「ホタル舞いし修羅の郷」のやっぱり最終話が!!これも嬉しいなぁ\(^O^)/これはこれでかなりの思い入れというか思い込みを詰め込んだSSですので。

九十九の舞子への思い、陸奥への思い、冬弥君や静流さんへの思い、それら全てを抱えて進まんとする葛藤と苦しみと・・・まあそんな感じのものを一生懸命つたない文章で書き連ねたものでした。まあ今読むとちょっと色々寄り道的要素が多すぎる感はありますが(^_^;)

ちなみに気に入っているのは舞子が行方不明になったのを必死に探す九十九と、あとはお墓の前で舞子を抱きしめながら過去を思い出すシーン・・・ですね♪

一応当時の私の設定的には静流さんは病気がちであり
優しくてたおやかなイメージでしかなかったので、ああいう表現にしたんですが・・・。実際の静流さんだったら??うーん・・・正直全く思いつかない(笑)
ある意味昭和編を読む前に書いてしまって成功だったなと思うSSですね(笑)
90:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/20 (Thu) 22:23:31

第四位の「花火 4 ~夜空に浮かぶ恋~」もシリーズの最終話で結構頑張った作品でした♪
2度と一緒には見られないだろう花火を二人で見てこの先続く悲恋?の予感めいたものをそれぞれの立場で最後は頑張って表現してみたんですが、まあ、微妙に失敗に終わった感が満載だったんですが、でもこれをものすごく好きというコメントなども頂いたりしてとっても嬉しかったのが印象的でした。
これからまたそろそろお祭りやら花火やらの季節ですねー♪次は神武館で露店を出す的な話もいいかなぁ?なんて思いつつもまだまだストーリーとしてちゃんと浮かんでないのでこの夏の間に・・・は難しいかもしれませんが(^_^;)

でも夏のお祭りは楽しいですよねー!
また楽しい中でもやはり夜なので露店から少し離れると暗さがある・・・そのコンストラストがある意味たまらないなぁーと思うのです♪
というわけで次回もし露店を出すならそんな雰囲気も感じられる風にしたいなぁ、なんて。
91:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/20 (Thu) 22:37:45

そして同じく4位に「君と紡ぐ癒やしの時 8」がランクイン!単品でこれが入ったのがものすごく私としては嬉しいやら面白いやら(笑)
内容は舞子の大学で起こった大事件の下のお話。
これはなんでこんな話を思いついたんだろう?私?ってなくらいに突然的な感じで思いついた話だったと思います(^_^;)

でも、とにかくすっごく楽しみながら書いた記憶がありますね(笑)ここでも陣雷さん大活躍♪ほんとに彼ほど役に立ってくれるキャラクターはいませんね、私のSSにおいて(笑)
そして展開としてはよくある「気になる話だけして肝心の部分を話さない」パターンでやってみました!

正直、舞子の大学を勝手に設定して書いた内容なだけにどうかな?と思ったんですが、結果として皆さんにも楽しんでもらえたようですごく安心した、という作品でしたね♪
まあ、オチがかなーりしょうもないんですけれど、ただ九十九の自分の中にある独占欲に気付く的な展開にもできたし、まあとにかく自分でもかなりお気に入りだっただけにこのランクインもとても嬉しいものでした♪ありがとうございます<(_ _)>



92:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/23 (Sun) 11:19:00

びっくりしました!
なんと突如として色々な宣伝がチラホラと書き込まれまして(^_^;)
とりあえず、その辺りでひっかかりそうな禁止ワードを設定しました。もし引っかかっちゃったらごめんなさい<(_ _)>

93:Qちゃん :

2017/07/23 (Sun) 12:11:25

びっくりしましたね〜。゚(゚´Д`゚)゚。

そろそろ公開、潮時なのかな…と思っちゃいました…
94:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/23 (Sun) 12:36:32

ねー、びっくらこきました(^_^;)
あともう1度画像認証も設定しましたが、ちゃんと受け付けてくれるかしらん??というわけでちょっと試し・・・。
95:Qちゃん :

2017/07/23 (Sun) 12:55:13

本題に戻りますが…

「君と紡ぐ癒しの時」シリーズは
一番のお気に入りです♪

果物が1番にやけちゃうし大好きです(●´人`●)
ランクイン嬉しかったでーす
96:ショコラ :

2017/07/23 (Sun) 14:20:04

本当、びっくりしましたねー。

ランキング、楽しかったです~~。
私は「たった一つのもの」が入っててウレシーーー\(^o^)/
九十九がグレープフルーツジュースを飲み干す時に、飛び出した氷が
黒帯にかかるところ…。
読んでてワクワクしましたね~~!!
キタキターって感じで。
テディさんに素直に話す九十九が可愛い…。
ボーイだねーーー!!
97:Qちゃん :

2017/07/23 (Sun) 14:52:15

あー、私もアレ好きです。グレープフルーツジュースのくだり♪

何を隠そう…このあたりの原作を読んだ時に
自分の中でグレープフルーツジュースがブームになりました。

このへんの、舞子がニューヨークに会いに来るあたりの
SS…いいですよねー
98:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/23 (Sun) 16:37:59

わーい!お二人それぞれお気に入りも教えて頂けて嬉しいですー♪
果物のくだりはリクエストで舞子が大学への行き帰りで病院を歩くのでそれに見惚れてしまった男達を九十九がどう思うのか?というリクエストから一気に妄想を膨らませたものでした(笑)
ほんとに私としても山田さんとのくだりがお気に入りなSSになりました(笑)外で大笑いする山田さん・・・楽しそうで良かったです(笑)

99:ぐりーんすぷらうと :

2017/07/23 (Sun) 16:44:45

「たった一つのもの」も私としては自分のSS内では一番ある意味スタンダードな作品かな?と思ってて、唯一無二の舞子との思い出の品を大切にする九十九が描きたくて・・・。

そしてショコラさんのおっしゃる通り本当にテディさんにはものすごく九十九が素直なイメージがありまして(笑)
二人の関係性がいいんですよねー!そういったイメージを膨らませて書けたSSかな?と思ってます。

グレープフルーツジュース、私は社会人になってから働いてる間ずっとお気に入りでした(笑)
1度は嵌まるのかしら?グレープフルーツジュース・・・。

そして舞子が来た時辺りのSSがいいとなっ!!嬉しいですー<(_ _)>
私の中では原作埋め込み型と呼んでるタイプのもので(笑)原作の間、間にちょこちょこと入っていてもおかしくない程度捏造度のつもりで書いたものなので、他のSSよりは比較的原作破壊がマシな方かな?と思ってます(^_^;)
100:ショコラ :

2017/07/23 (Sun) 16:58:26

私もグレープフルーツジュース、運動後に飲んだりした(笑)。
テディさんも筋肉にいいよって言ってたな~~なんて。
みんな、ハマってますね(笑)

舞子がニューヨークに来たあたりのSS!!
分かります~~!!私もすんごい好き~~~~(*´ω`*)
やっと、やっと、会えたふたりだもんね~~~~!!
丁寧に描かれてて、好き。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.